大腸がんを早期治療しよう【迅速対処でスピード回復】

先生

がんの種類と症状

腹痛

癌は現代人に多い病気です

がんは現代の日本人にとってかなり増えている病気です。中年にさしかかる40代の人たちだけでなく、若い人でもがんになる人がいます。そのがんの種類は様々で、全身にできる可能性があります。女性であれば、婦人科系の病気として、乳がんや子宮がんなども患者数の多い病気です。がんの原因は、食生活の乱れやストレスによるものであることが多く、内臓などの一部の細胞ががん化することによって発症することが多いです。また胃がんや肺がん、咽頭がんにおいても現在患者数が増えていると言われ、誰でもなる可能性を秘めています。昔よりもがんについての知識や治療法が確立されてきていますので、多くの人に認識されており、完治することも難しくない病気ではあります。

咽頭にできるがん

咽頭がんは、胃がんや肺がんなどに続いて多いがんです。一口に咽頭がんといっても、できる場所によってその名前も違い、また症状も異なってきます。咽頭にできるという点とは共通していますがその原因もそれぞれによって違います。上咽頭がんではEBウイルスとよばれるウイルスに感染することによって起こります。エプスタインバーウイルスといい、アメリカで言えば子供はよくかかるウイルスです。中咽頭がんは食生活やアルコール、喫煙などによって起こります。普段の生活習慣と因果関係があると言われています。下咽頭がんはパピローマウイルスとよばれるウイルスが原因となっています。咽頭がんはウイルスに感染することだけでなく、生活習慣も関係しているということを認識する必要があります。